理想のひと

次男がお風呂の栓で遊ぶ対策として、
プラスチックの(何かの)ふたをボタン式の栓の上にかぶせておくことにした。
ところが今日は、お風呂掃除のときに栓の上からふたを外したまま
次男をお風呂に入れてしまった。
すると次男は棚の上にあったふたを手に取り、栓の上にかぶせてくれた。
なんということでしょう・・・
どうやら次男は、現状復帰やお片付けが得意なようだ。
自宅以外の場所でも、素敵なものを見つけて遊んだら、
いつの間にか、それを見つけた場所に戻していることが多い。

お風呂から上がると、長男が次男を見て
長男「しゅんすけってほんとうにおりこうさんだね〜」
私 「そうだね。」
長男「ぼくよりもずっといい子だよ〜」
私 「そう?こうすけもいい子だよ〜」
長男「ううん、だってぼくはしゅんすけよりよく怒られるもん」
   うわあああ大反省・・・
私 「ごめんね、それはこうすけじゃなくて、お母さんが悪いんだわ。
   こうすけもしゅんすけと同じだけいい子なんだよ。」
長男「そっか。でもしゅんすけにはあんまり怒らないよね。」
私 「・・・はい、その通りでございます。いいお母さんになるためにお勉強してるの。」
長男「へえ、そうなんだ。」
私 「お母さんは悪いお母さんだったからね。
   でもしゅんすけが生まれてから、昔よりあんまり怒らなくなったって思わない?」
長男「うん、お母さんあんまり怒らなくなったよ。
   お母さんはムーミンママみたいになりたいの?」
私 「そうだよ。」
長男「お母さんムーミンママみたいになってきたよ。」
私 「ありがとう。これからもがんばります・・・」

長男はたいへん冷静に物事を観察しているなあと思う。
次男のストレングスを認めて、かわいがってくれて。

ムーミンママは決して怒らない。
嫌なことがあると、ちょっと疲れたわ、静かにねと言って、お昼寝しに行くだけだ。
ムーミンママになりたいと思うけれど、
良き母良き妻良き家庭人として完璧な彼女を目指すのは
とうてい達成不可能な目標だ。
せめて子どもたちに対しては、ムーミンママのようになりたいなあと思う。


[PR]
by Inahoadler | 2016-03-09 22:54
<< あやしい香り 所属に向かうお手伝い >>