いつでも居場所があるように


我が家のお風呂の栓は、浴槽の上側についているプッシュ栓で、
力を入れて押したらお湯が抜ける仕組みだ。
この銀色にピカピカ光る丸いボタンは、
次男にとってはとても魅力的で(そりゃそうだろうね)よく触ろうとする。
応用編受講以前の私は、「それは触らないでね、お湯が抜けちゃうからね〜」
と言って次男の手を別のおもちゃの方へ動かしたり、
ボタンに触れないところに次男を移動させたりしていた。
しかし、1才半の子にとって、このボタンの魅力は抗いがたいものだろうし、
次男がちょっと押したぐらいではお湯は抜けなさそうだし、
お湯が多少流れてしまったところで、栓をもう一度したらすぐに解決することなので
私はこのことを不適切な行動だと判断しないことにした。


お風呂の栓を嬉しそうに触っている次男。
うんうん、お湯も抜けてないし、嬉しそうだしよかったよかったと思った瞬間、
長男が「しゅんすけ、それは触っちゃだめだよ!」
と言って次男の手をはらった。
支えにしていた手をはらわれたので、浴槽の中の次男はバランスを失った。
次男の体はずっと私が支えていたので、そのままお湯の中に座らせてなにごともなく、
次男はちょっとびっくりした顔をしただけだった。
私の陰性感情は−2。

しかし長男がなぜ次男の手をはらったかというと、
彼はお風呂のお湯が抜けてしまわないように、
私が今まで次男をお風呂の栓から遠ざけてきた代わりを務めようとしたのだ。
彼の目標は協力的で、対処行動が次男にとって危険だっただけ。
これは彼の失敗だ。
ではここで私がすべきことは?
・・・とここまで考えている間に陰性感情は消えていた。
長男を見ると、しまったという顔をしているではないか。
自分が失敗したことをきちんとわかっている。

私 「こうすけ、今、しゅんすけがお風呂の栓触らないようにしてくれたんだね。」
長男「うん、だってお湯がなくなっちゃったらみんな風邪ひいちゃうからね。」
私 「そっか、そう考えてくれたんだ。
   でも、お湯がなくなっちゃうのと、しゅんすけがおぼれちゃうのだったら、
   どっちがたいへん?」
長男「あ、しゅんすけがおぼれちゃう方!」
   泣きそうな顔になる長男。あー怒らないでよかった・・・。
私 「そうだよね、お風呂の中はすべりやすくて危ないから、
   しゅんすけがおぼれないように気をつけてくれるかな?
   お湯はね、すぐには全部なくならないから、
   しゅんすけがいたずらしても、また元通りにしたら大丈夫だからね。」
長男「うん、わかった。」
   長男は次男の頭をなぜた。
   次男はすごく嬉しそうに笑った。


もし私が怒ってしまっていたら、長男はどんなに居場所をなく感じただろうと思って、
私はアドラーを知っていてよかったと本当に感謝した。
今まで私はたくさん失敗してきたけど、もう同じ失敗はしないから。

長男も次男も、私にとって同じだけ大切なのに、
・・・次男が浴槽ですべりかけたことと、長男が私との間に居場所を失うことと、
どっちがたいへん?



やっと、長男とよい関係が築けてきたと思う。
それは彼の穏やかな顔を見ていればわかる。
そして長男が私を気遣ってくれることがとても増えたようにも思う。
長男が次男のことをよりかわいがってくれているようにも思う。
もしかすると、私が気づいていなかっただけなのかもしれないけれど。

私が昨日けがをした指に貼っているばんそうこうを見て
長男「お母さん、そのけがきっともう治ったと思うよ。」
私 「そうだね、もう痛くないからね。」
長男「あのね、そーっとはがすと痛くないよ。べりってやったら痛いからね。」
私 「ありがとう。後でそーっとはがすわ(^^)」
長男「ぼくも指にガムテープが貼り付くことよくあるんだけど、
   そーっとはがして、丸めてばしんって指からはじいて取るんだよ、
   そうしないと、いたっ!てなるんだよ!」
そうやって丸めてはじかれたガムテープのその後の行方の方が
私にとっては興味のある問題ではあったのだけれど・・・。
今は彼の優しさをありがたく感じ、
「粘着テープをいかにしてはがすか」という彼の関心に関心をもつことの方が
きっと私たちにとって大切だと思い、
私の興味についてはまた別の機会に話をしようと考え直した。


[PR]
by Inahoadler | 2016-02-27 00:53
<< 男の世界と女の世界 彼の目標 >>