予期せぬ意図

最近は比較的穏やかに日々を過ごせているのだが、
ときどき不思議なできごとに遭遇する。


床の上や机の端に、ときどき小さな小さな水たまりを発見することが続いた。
はじめは次男のよだれかな?と思ったが、
次男の届かない場所にも発見したので、どうやら犯人は違うようだった。
また水たまりを見つけたときに
「こうすけ、ちょっと来てちょうだい」と現場に呼んでみた。
長男「どうしたの?」
私 「これ、何かわかる?なんかぬれてるんだけど」
長男「あ、それは・・・」 
   しまったまずいぞという顔。私は少しいらいらした。
私 「何なんだろう?」
長男「あのね、それは、つばだと思います。」
   神妙な顔をして答えるのでふきだす私。
私 「そうなんだ、床の上につばがあるのは汚いから、きれいにしとこうね。」
長男「うん!」

ところがその後数日、何回もつばを発見してしまい、
見つけるたびに長男に「つばを落とすのはお家が汚れるからやめてね」
と言ったのだが、まったく効果がない。
そして私はだんだんと陰性感情を持ち、しつこくやめなさいと言ってしまっていた。

どうしたらいいんだろうと悩んでいたある日、
現場をおさえることができた。
本を読んでいた長男は、口の中につばをためていて、
そのつばでぶくぶくと音を立てて遊んでいたのだ。
私 「こうすけ!ちょっと!つばで遊ばないでよ!」
長男「あ!・・・ごめんなさい。」
私 「もう・・・そんなんしてたらそら落ちるわ。つば落ちたら汚いでしょ?」
長男「うん、だから落ちないように気をつけてたんだけど・・・」
   ・・・いやいやそういう問題じゃないだろう(@@)
私 「・・・あの、なんでそんなことしてるの?面白いの?」
長男「あのね!ぼく、シャボン玉作ろうとしてたの!」
   なんということでしょう・・・長男は目をきらきらさせて教えてくれた。
   私は笑うしかなかった。
私 「そうかー・・・そうやっててシャボン玉つくれたら面白いね(笑)」
長男「上手に大きいの作れるときもあるんだよ!」
   そうか、それでいろんな大きさの水たまりがあったわけね・・・
私 「うう・・・じゃあね、これからはお風呂場でやってくれるかな?
   お風呂なら、つば落ちちゃってもいいから。」
長男「うんわかった!お風呂なら大丈夫だね〜」

謎は解けた。
彼は床の上につばを吐くという不適切な行動をしていたのではなかった。   
シャボン玉をつくろうとして失敗していた結果だったとは。
とても推理がおよばないので、子どもの話を聞かねばなりません。



またある日は、
長男が両面テープをケースからどんどん長く引き出しているのを見つけた。
「ちょっとこうすけ!何してるの?!」
よく見ると、一巻きのガムテープの周りにぐるりと両面テープを貼り付けている。
長男「え?・・・」 私の大声にびっくりして止まる長男。
私 「ガムテープに両面テープ貼ったら・・・どっちも使えへんやん・・・」
   脱力する私。
長男「ちがうよ、使うんじゃなくてね、このまま転がそうとしてたの。」
私 「はあ・・・」 
長男「それで、こっちのもつけたら綱渡りみたいでおもしろいかなって思って・・・」
   なんと長男は両面テープをふた巻き持っていた。
   ガムテープは両面テープにぐるぐる巻かれてミイラみたいになっている。
私 「・・・面白いこと考えるねえ・・・。でも、両面テープもガムテープも、
   工作に使うためにお父さんが買ってきてくれたでしょ。
   そうやって遊ぶのはもったいないから、ものをひっつける以外には使わないでくれるかな。
   それ、元に戻せる?」
長男「あ、そうか。じゃあしまおうっと〜」
私 「ありがとう。」

長男は器用に両面テープをすべて巻き取って、ケースの中にしまった。
ガムテープも無傷だった。
そう、長男に悪い意図はまったくない。
以前、床に両面テープがべったり貼り付いていて長男を怒ってしまったことがあったけど、
きっとあれも、何か私には想像もできない楽しい遊びを思いついて、
失敗してしまった結果だったのだろう。



またある日、ピアノの教室で
先生が、「では弾いてください」と仰ったのに、
長男はピアノに向かって、手をひざの上に置いたまま、
返事もしないで弾こうとしない。
「ん?弾いてくださいね」と促す先生。
黙ったまま動かない長男。
しばらく沈黙が続く。
「では、弾けるようになるまで待っていますね」と声をかけられて、
先生はピアノから離れた。
またしても続く沈黙。
私は努めて空気になろうと努力した。
しばらくして、急に長男はピアノを弾き始めた。
先生はピアノに近寄って、またレッスンを続けてくださった。
それから先生は
「あ、そうか、こうちゃんはこのピアノの中が気になったのかな?
 それじゃあ見てみましょうか。
 こうやって鍵盤を弾くと、このハンマーがあそこの弦を叩くのがわかる?」
と仰って、ピアノの仕組みを説明してくださった。
長男はとても嬉しそうにピアノの中をのぞいていた。

数日後、とても仲良くご飯を食べていた日に
何気なく聞いてみた。
私 「こないだのピアノのとき、先生が『弾いてください』って言ったとき、
   すぐに弾かないでじーっとしてたことあったよね。」
長男「ああ、こないだね、うん。」
私 「あれは、何をしていたの?」
長男「あれね、ぼく、音を間違えないように楽譜をよーく覚えとこうって
   よーく見てたんだよ〜」
   長男はとても楽しそうに答えた。
   ああそうか、やっぱりあのとき彼は、
   自分が不適切な行動をしているなんて思ってなかったんだ。
私 「そうだったんだ!一生懸命楽譜を見てたんだね。」
長男「うん、だって上手に弾きたいからね!」
私 「そうだね。こうすけはピアノ弾くの大好きだもんね。
   ・・・でも、あのときこうすけは弾いてくださいって言われたのに
   お返事しなかったでしょ。
   それで黙ってじーっとしてたでしょ。
   そうしているとね、先生は、こうすけはピアノ弾きたくないのかな?って思っちゃうよ」
長男「え?!」
私 「だから先生はあのとき、お椅子の方に行って待ってたでしょ。」
長男「うん、どうしてなのかなって思ってた。」
私 「たぶん、こうすけがピアノ弾きたくなるのを待ってたんだと思うよ。
   ピアノ弾きたくないのかな?おかしいなって思ってたんじゃないかなあ」
長男「な、なんと・・・」
私 「なんとじゃないよ〜(笑)
   弾いてくださいって言われて、はいってお返事していたら、
   ああピアノ弾く気はあるんだなってわかるし、
   楽譜をよく見たいんだったら、ちょっと待ってください楽譜を見ますって
   言えば、ああ楽譜をゆっくり見てから弾くんだなってわかるんだけど、
   何も言わないで黙ってじっとしてたら、
   こうすけが何を考えているのか誰にもわからないんだよ。」
長男「へえ、そうなんだ・・・」
私 「それで、先生はこうすけが何を考えていたのかなあって考えて、
   あ、こうすけはピアノの中が気になって弾かなかったのかな?って思って、
   ピアノの中を一緒に見てくれたんだと思うよ。」
長男「そっかあ。ピアノの中も気になったから、合ってたよ!」
私 「うん、楽しそうだったね。先生こうすけのことよくわかってくれるね。
   でも、こうすけもお返事しようね。
   先生に何か聞かれたときとか、いいですねとか言ってもらっても、
   いっつも黙って首を上に上げて嬉しそうにしてるだけやん。」
長男「うん(笑)」
私 「もうちょっとはっきりお返事した方がいいと思うけどね〜」
長男「そうだねえ・・・考えておきます。」

あのピアノ教室での沈黙が、私には息の詰まる時間だったのだけど
どうやら長男にとっては、そうではなかったようだ。
そのことは良かったなと思った。
先生が静かに待ってくださったのも、ほんとうにありがたかった。

長男が先生のことを大好きなのはよくわかるのだけど、
だったら照れないで返事くらいしてくれと思うのだけど、
大好きだからこそ返事ができず、そして誤解されてしまうわけで、
まあそれはそれで仕方のないことなのかもしれない。
彼には自然の結末を体験してもらって、
どうすれば円滑な人間関係を築けるのか、自分で工夫していかなければね。
そう考えている私だって、よい人間関係を築くためには
いつも試行錯誤して失敗を重ねているわけだ。

人の意図はかくも読めない。
だから人の話を聞くというのはとても面白い。
まったく別の世界が、他の人の目には見えているのだから。



[PR]
by Inahoadler | 2016-01-18 23:17
<< 絵本のある風景 失敗は人の性 >>