新しい椅子

新しい椅子を買って、食事のときに私が座っていると、
それに気づいた息子が
「そのお椅子、座ったらどんな感じなのか知りたくなっちゃったな〜」
と言った。
彼の理想としては、
「そう、じゃあ座ってみる?」と椅子を譲ってもらうことなんだろうけど、
私はこういう非主張的察してちゃん的な言い方に陰性感情を抱いてしまう。
私は彼に主張的に主張することを学んでもらおうと思った。


でも私は今少しいらっとしかけている。
いつものように「どうしてもらいたいのかはっきり言葉で言いなさい」
なんて怖く言ってはいけませんね。
子どもに学んでもらうためには、まずは子どもと仲間でいなければ。

私 「あ、お母さんが新しいお椅子に座ってるの気づいた?なかなかいい感じですよ」
息子「へえ〜ぼくもどんな感じか知りたいな〜」
私 「それは座ってみないとわからないだろうねえ」
   頑張って別の言い方をしてごらんと思いながらにやっと笑う。
息子「・・・」
   あれ、ちょっと期待外れなんですけどどうしましょ、という感じの顔をしている。
私 「・・・ねえねえ、こうすけがほんとにしてみたいことはなあに?」
息子「あのね・・・そのお椅子に座ってみたくなっちゃったな〜」
   お、ちゃんと何をしてみたいのか言ってくれた。
私 「そう、じゃあ座ってみたらいいよ♪」
息子「え?・・・わーい!」
   すまん息子よ、いつも私はあなたの希望に、すぐにいいよと答えてないのね。
   だからびっくりしたのね・・・
   だからすぐには主張的に言わないのかもね・・・
息子「じゃあご飯終わってから、お椅子交代してちょうだい!」
私 「え、ご飯終わってからでいいの?今交代してもいいよ。」
息子「ううん、今はご飯中ですので。次のご飯からぼくこのお椅子に座る〜」
私 「そっか、じゃあご飯終わったらお椅子の場所変えとくね。
   ご飯中にお椅子変えないなんて、お行儀がいいんですねえ。」


私としては、こんなに良い関係のままででやり取りが進むなんて
予想外の成功だったけれど、もう少し欲が出た。
「座ってみたくなっちゃったな〜」という言い方も、
まだ相手の過保護さを引き出すような感じがして非主張的な香りがするので、
「〜してほしいな」とか、「〜してくれるとうれしいんだけど」という
主張的なお願いの仕方を学んでもらえたらいいなと思い、
今の会話についてメタな会話を振ってみた。


私 「さっき、『どんな感じなのか知りたくなっちゃったな〜』って言ったよね。
   でもその言い方だと、
   『ああ、とても良い感じですよ』ってお椅子の感じを教えてもらって、
   それでお話が終わっちゃうかもしれないよね。」
息子「あはは・・・そうだね〜」
私 「それだとこうすけは、ずっとお椅子に座れないまんまだよね」
息子「うん・・・」
私 「でも、こうすけのしたいことをちゃんと言ってくれたら、
   ああこのお椅子に座りたいんだってわかるよね。」
息子「ふふ、ほんとだね」
私 「だから、お椅子に座りたいなって思ったら、
   ぼくも座りたいなって言ったらいいと思うよ。」
息子「うん、次のご飯からお椅子に座るの楽しみだな〜♪」


息子は主張的に話すということの意味をよく学んでくれたし、
私も学んでもらうためにはどうするべきかを学べた。
こんな風に会話できたのは初めてだったから、
今までは多分、人に言うこと聞かすためには大きい声を出した方がいいとか、
彼は私の不適切な行動からよけいなことを学んでいたのではなかろうか・・・
・・・精進あるのみです。

[PR]
by Inahoadler | 2015-10-05 22:24
<< 変身願望 恐竜ブームの効能 >>