おつき合いのお作法

私がお風呂を洗っているとき、
洗面所にいた長男が大声で「わあっ!!」と叫んだ。
びっくりして、どうしたの?と聞くと、
「お母さんこれ、大きなムカデの・・・」
「ひゃあっ?!ムカデ?」 
「大きなムカデの、祖先の跡だよ!!」
「・・・ん?」
大興奮の長男が壁を指さしている。
洗面所の壁は塗り壁なのだが、そのコテ跡がムカデの跡に見えたらしい。
「ほら、ここ、動いていった跡だよ!大きいでしょ?
 ムカデの祖先は1mぐらいあったんだって。
 あ、こっちは化石だね、ほら、歯がある!肉食恐竜だ!
 ぼくんち、化石がいっぱいだね!!」

目をキラキラさせて壁にはりつく長男。
彼はほんとうに何もかもを楽しめるんだ。
そして、人は自分の見たいように世界を見ているんだ。



ピアノのノートの宿題をするために、鉛筆とノートを探し始めた長男。
長男「鉛筆ない〜お母さ〜ん」
私 「そう。」
長男「お母さ〜ん」
私 「なあに?言いたいことははっきり言ってね。」
長男「鉛筆、一緒に探してちょうだい。」
私 「いいよ。こうすけの部屋でガムテープの下敷きになってたの見た気がするよ。」
長男「一緒に来てちょうだい。」
私 「はいはい。」

長男は鉛筆を見つけて、ありがとうと言って
鉛筆を握りしめたまま、次男が広げていた絵合わせカードで遊び始めた。
 私、陰性感情−1。せっかく見つけたんだからさっさと宿題しようよ・・・
次男が鉛筆を取ろうとする。
長男がだめっと言ってにらみ、次男が泣き始める。
 あーあ。私、陰性感情−2。
長男、次男を見てにこにこ。私を見て「しゅんすけ、かわいいね(^^)」
私、「うん、かわいいね(^^)」と思わず笑う。陰性感情消える。
いったん泣くのを止めたが、
もうちょっと泣こうかな、と口をへの字に曲げたままの次男に向かって
長男はザクロの絵のカードを見せながら歌い始めた。
♪ざくろ〜ざく〜ろです〜ざ〜くろです〜よ〜ざ〜くろです♪
きゃあきゃあ笑い出す次男。
喜んで歌い続ける長男。立ち上がって踊り出す次男。
兄弟仲良くて何より。
・・・宿題は、長男の課題だから、黙っておこう。
やる気はあるみたいだから私に言えることはない。
と思いつつも陰性感情は−1。
まだまだ競合的な私。

私が次男のお風呂の準備をしていると、
ひとしきり遊んで満足したらしい2人がごきげんでやって来た。
次男をお風呂に入れようとしていると、
長男「ノートがない。」
私 「・・・それは困ったね。」
   陰性感情−2。置く場所決めてたのに、なんでないのよ!
   鉛筆の次はノートか。いつになったら宿題できるの?
長男「ノートどこ〜?」
私 「お母さんは触ってないからわからないわ。どこかにあるはずでしょ。」
長男「え〜どこにもないよ〜」
私 「・・・困ったね。」
長男「探すの手伝って。」
私 「えー・・・もう、絶対この辺にあるって。」
   楽譜やノートを置いている棚を探す私。
長男「そこは見たけどなかった。」
私 「ほんまや。おかしいねえ。あ、あそこにノート落ちてるやん!」
   しかしそのノートは古いものだった。今使っているノートは見つからない。
   私の陰性感情は落ち着いてくる。
   ノートが必要なときにすぐ取り出せないのは、単なる失敗だと気づいたのだろう。
長男「おかしいね〜」
私 「うん、でもどこかにあるよ。お母さんはもうお風呂に行くからね。」
長男「はーい。じゃあぼく明日また探すー。」
   今から読む本を選んでいる長男。
   陰性感情−2。見つかるまでもっと探しなさいよ。
   ・・・競合的なわたくし。
私 「・・・今の間に、もうちょっとノート探してみたら?」
長男「・・・そうですね。明日も探すし、今も探そうっかな。」
   おーい見つからないの前提かーい!
   でも探すことに決めたのは、私への配慮かな。
   きみはいつも私に協力的でいてくれるね。
   そうやってお互いに譲り合って生きていくのがいいね。
   私が競合的でした。ごめん。
私 「・・・見つかったらいいね。じゃあ行ってきます。」
長男「行ってらっしゃい!」

次男をお風呂に入れていると、長男の声が聞こえてきた。
「おーいノートー!出てこーい!」
「どこだー!」
「ノートー!出てこないとはじきとばすぞぉー!」
なんだか楽しそうにしている(笑)
たぶん叫びながらうろついているだけだろうけど、
長男の苦手な探しものを、楽しもうとしているのってすごい。
ノートは明日のレッスンまでに見つかればいいんだし、
見つからなければ見つからないで、何とか自分でしてもらうしかないし、
そこから色々と学んでくれることだろう。
ノートがどこにあるのかかなり気にはなるけれど、
私は明日、物でいっぱいの机の上を片付けよう。

すっかり落ち着いてお風呂から出てきた私に、
長男は「見つからなかったから、明日また探すね。」と言った。
私の好みの「探す」ではなかったけど、
長男は「探す」ポーズだけはとってくれた。
これは、私とうまくつき合うために彼が考えた工夫なんだと思う。
「そっか。明日見つかったらいいね。」と返事したときの私は、
さっきよりも長男とよい関係になれたような気がして、
とても嬉しい気持ちだった。
私も、彼とのおつき合いのお作法を学んでいる最中だが、
彼の方がずっと上手だな(^^;)



[PR]
# by Inahoadler | 2016-03-17 22:59 | Comments(0)

1歳児の推理力

1歳半の次男は、おさんぽが大好き。
長男の園バスのお迎えに、
家から10分ほどのバス停まで行くのが楽しみらしい。

歌の好きな子なので、お迎えの時間になると
♪おにいちゃん おにいちゃん
 おにいちゃんのお迎えに
 行きますよ〜 行きますよ〜
 おにいちゃんのおむかえに 行きますよ♪
という、私のつくったでたらめな歌をうたいながら出かける準備をする。
最近は(かなり変なメロディーなんだけど)、
きちんと音を合わせて一緒に歌ってくれるようになった。

くつをはいて外に出ると、うれしくてたまらない様子。
気をつけていないとすぐに私の手を離して、きゃあきゃあ言いながら走り出す。
おかしいなあこの前まで歩けなかったのに。
信号を渡るところは危ないので抱っこをして、
バス停のところの植え込みに降ろしてしばらく遊ぶ。

木の実の腐ったのを拾ってプレゼントしてくれたり、
アリの観察をしたり。
トラックやゴミ収集車や車両運搬車や小型油圧シャベルなどの特殊車両が通ると、
目で追いかけて手を振る。
にこにこと手を振り返してくれる運転手さんも多い(笑)


いつものように2人並んで通り過ぎる車を眺めていたら、今日は急に
次男は車に触りたくなってしまったようで、
手を前に差しのばして道路の方へ歩いていこうとした。
私は次男の手をそっと引いて
「車かっこいいけど、近づいたら危ないよ。
 ぶつかって、しゅんすけがゴンってなって、いててになるよ。
 車は、ここから見ているのがいいよ〜」
と言うと、次男は口をきゅっと結び、
「・・・ゴン、・・・とん。」
と言って後ずさり、植え込みのブロックに腰を下ろして、車をじっと眺め始めた。

次男の辞書にはこう書いてある。
ゴン=頭を打って痛くなること。あるいは頭を打つこと。
とん=おっちんとん。座る。
彼は「そっかあ、頭打って痛くなったらいやだなあ。ここに座って見とこう。」
と返事をしてくれたのだ。
なんて論理的な思考回路!
(ただの親ばか?)


しかしそれだけ話のわかる次男だが、
抗えない衝動も多々あるらしく・・・。

次男も私が料理をしているところを、流し台の横から眺めているのが好きだ。
1人で大人の座るイスを押して運んできて、流し台の横に設置して、
苦労して這い上がり、流し台のふちをつかんで、やあっと顔を出す。
とてもかわいいんですけどね、じっとしてないから困るんですよ。
電子レンジのボタンを押したり、
お箸やフォークを引き出しから出して振り回したり、
三角コーナーのゴミを触ったり、水を出したり・・・。
「あのね、色々触ると危ないし、お母さん困るのよ。
 じっとおっちんとんしといてもらえますか? 
 そうやって触ってるんだったら、ベッドに入ってもらいます。」
と言うと、
「とん!」と言ってイスの上に座る。
「ありがとう、そのままでいてね。」と言ってちょっと目を離したら
立ち上がってまた何かを触っている。
「しゅんすけ、おっちんとんしてくれないならベッドに入ってもらいます。」
「とん!」と言ってイスの上に座る。
また目を離すと立ち上がって何か触っている。
・・・
「じゃあ、お座りしてこの本を読んでいてくれる?」と絵本を渡してみた。
「とん!」と言ってイスの上で本を開く次男。
でも気がつくと、流しの上に本を置いて立っている・・・

私の話はわかっているけど、流しの横は大して危なくないと知っているようだ。
申し訳ないが料理中隔離するときのために、ベビーベッドはまだ必要だ。

ちなみにベビーベッドからは、脱出しようとして3回落ちて、
もう脱出を試みることはなくなった。
やはり「ゴン」という結果を招くことは、学習してやめるようだ。
これって、未来を推理できているのではないか?
論理的結末をわかっているんじゃないか?
それともただの親ばかか?


[PR]
# by Inahoadler | 2016-03-17 00:08 | Comments(0)

あやしい香り

最近はお風呂ネタばかりな気もするけれども・・・
ある晩、私が次男を先にお風呂からあげて、
長男はそれから1人で髪と体を洗ってあがってきた。

私が浴槽のふたを閉めようと浴室に入ると、
シャンプーを置いている棚も浴槽の中もふろぶたも全部泡まみれだった。
香りや泡の感じから、明らかに私のシャンプーが勢いよく飛び出たもよう。
私 「こうすけ、今日お母さんのシャンプー使った?」
長男「・・・い、いいえ!使ってませんよ。」
   ぴくっと固まって、視線をそらして言う長男。あやしい・・・
私 「えーほんとに使ってない?」
長男「使ってはいません。ぼく子供用シャンプーで洗ったから。なんで?」
私 「そうなの?でも、お風呂中あわあわになってて、
   お母さんのシャンプーのにおいがするから、きっと何かが起きたんだと思うんだけど。」
長男「あーそうかーにおいか・・・」
   ばれてしまったかという感じの顔をする長男。
私 「お母さんは鼻がいいんだよ〜 笑
   あ!もしかして、頭洗ったのはこうすけのシャンプーだけど、
   お母さんのシャンプーを出しちゃったのかな?」
   長男の目が輝く。
長男「そうなんだ!ぼくね、ばこーんって手があたっちゃって、
   そしたら、ぴゅう〜んってシャンプーが飛んだんだよ!」
私 「そうなんだ。しかたないね。これから、押しちゃわないように気をつけてくれるかな?
   お母さんもぴゅーんって飛ばしちゃったことあるからわかるんだけど、
   あのシャンプー勢いいいから・・・」
長男「はーい!」


長男は嘘はついていなかった。
私のシャンプーを使った・使っていないであわや権力闘争になるところだったけれど、
小さい子どものやることとか言うことって、
大人には予測もつかないことが多いのだとわかってきたので
最近は事故が減ってきた。
「子どもの話を聞く」というのは、
こちらが何らかの判断をまったくすることなしに、
子どもの言葉をそのまま受け取めるということなんだなあ・・・
まずは落ち着くことが肝心だ。


[PR]
# by Inahoadler | 2016-03-14 15:54 | Comments(0)

理想のひと

次男がお風呂の栓で遊ぶ対策として、
プラスチックの(何かの)ふたをボタン式の栓の上にかぶせておくことにした。
ところが今日は、お風呂掃除のときに栓の上からふたを外したまま
次男をお風呂に入れてしまった。
すると次男は棚の上にあったふたを手に取り、栓の上にかぶせてくれた。
なんということでしょう・・・
どうやら次男は、現状復帰やお片付けが得意なようだ。
自宅以外の場所でも、素敵なものを見つけて遊んだら、
いつの間にか、それを見つけた場所に戻していることが多い。

お風呂から上がると、長男が次男を見て
長男「しゅんすけってほんとうにおりこうさんだね〜」
私 「そうだね。」
長男「ぼくよりもずっといい子だよ〜」
私 「そう?こうすけもいい子だよ〜」
長男「ううん、だってぼくはしゅんすけよりよく怒られるもん」
   うわあああ大反省・・・
私 「ごめんね、それはこうすけじゃなくて、お母さんが悪いんだわ。
   こうすけもしゅんすけと同じだけいい子なんだよ。」
長男「そっか。でもしゅんすけにはあんまり怒らないよね。」
私 「・・・はい、その通りでございます。いいお母さんになるためにお勉強してるの。」
長男「へえ、そうなんだ。」
私 「お母さんは悪いお母さんだったからね。
   でもしゅんすけが生まれてから、昔よりあんまり怒らなくなったって思わない?」
長男「うん、お母さんあんまり怒らなくなったよ。
   お母さんはムーミンママみたいになりたいの?」
私 「そうだよ。」
長男「お母さんムーミンママみたいになってきたよ。」
私 「ありがとう。これからもがんばります・・・」

長男はたいへん冷静に物事を観察しているなあと思う。
次男のストレングスを認めて、かわいがってくれて。

ムーミンママは決して怒らない。
嫌なことがあると、ちょっと疲れたわ、静かにねと言って、お昼寝しに行くだけだ。
ムーミンママになりたいと思うけれど、
良き母良き妻良き家庭人として完璧な彼女を目指すのは
とうてい達成不可能な目標だ。
せめて子どもたちに対しては、ムーミンママのようになりたいなあと思う。


[PR]
# by Inahoadler | 2016-03-09 22:54 | Comments(2)

所属に向かうお手伝い

長男はお手伝いの好きな子で、
家事をしている私のところに来て「何かお手伝いしようか?」とよく言ってくれる。
お手伝いしたいという気持ちはとてもありがたいし、
そうやって家族に貢献しているんだって思える機会は
できるだけたくさん経験してほしいと思うので、
彼にできる範囲で、私の負担にもならないお手伝いをお願いできるときは
私もたいへん助かり、彼も喜んではたらいてくれる。
お味噌汁をついでもらったり、
食卓を拭いてもらったり、
洗濯物を干してもらったり、
タオルをたたんでもらったり・・・

しかし、こう私の都合のいいようにばかりはいかない。
忙しいしややこしいから手伝わないでほしいと思う場合も多々あるのだが、
彼からお手伝いを取り上げようとすると「そうすると子どもは何を学びますか?」と、
野田先生の声が聞こえてくるようになってしまった。
アドラー心理学基礎講座応用編を受講して、
私が感覚的に使っていた考えや技術に名前がついた。
すると気にしないふりとか自己欺瞞とかができなくなってしまった。。

「お手伝いをしたらお母さんのじゃまになるんだと思って、
 ぼくにはお手伝いをする能力がないと勇気がくじかれます。
 一緒に楽しくお仕事をしてくれないお母さんは仲間じゃないと思います。
 結果、家事はお母さんの仕事で、ぼくはお手伝いをしない方がいいんだなと学びます」
ですよね・・・。



私が困るのは主に2つの場合だ。
パターン1 私がしようとしている仕事を手伝いたがるとき
パターン2 私が終えた仕事を手伝いたがるとき


パターン1 私がしようとしている仕事を手伝いたがるとき
この場合、お手伝いの内容はたいていが長男が今までやったことのない仕事なのだ。
今まで彼のお手伝い琴線に触れたことのなかった仕事が、
急に魅力的に輝く瞬間があるらしい。
そしてその瞬間は、なぜか私の忙しいときに限ってやってくる。

昼食後の洗い物が残ったまま、私が夕食の準備をばたばたしていた日
長男「お母さん、ぼくお皿洗ってあげるよ!」
私 「え・・・?あ、ありがとう。でもいいよ、お母さんがすぐ洗うから」
長男「でもぼく洗いますので(^^)」
私 「・・・いや、でも今日はいいよ。こうすけってお皿洗ったことあるの?」
長男「ないよ(^^)」
私 「そうだよね。うーん、お皿割れちゃったら困るし、お母さん今忙しくて
   お皿の洗い方教えられないから、また今度洗ってくれるかなあ」
長男「大丈夫!ぼく、お母さんがお皿洗ってるのしっかり見てましたから!」
私 「・・・うー・・・わかりました。じゃあ割らないように、気をつけて洗ってね。」
長男「はーい気をつけまーす♪」
長男はイスを流しまで持ってきてその上に立った。
蛇口のレバーは手をうんと伸ばさないと届かない。
お皿を一枚一枚水で流し、それから水を止めて
洗剤をたっぷりつけたスポンジで一枚一枚ていねいになぜまわし、(こすっていない)
また一枚一枚丁寧に水で流してくれた。
水切りかごに置くのは私がすることにした。
洗い残しがあると、「あ、ここ汚れが残ってるからお母さんが洗うね〜」と
彼に断って洗い直した。
ものすごく時間がかかって、洗剤や水も大量に使っていたけれど、
「ぼくもうお皿ひとりで洗えるよ!お母さん助かった?」と
キラキラした笑顔で言われると、お手伝いを断らないで良かったと思えた。
おかげで夕食の時間も遅くなったが、でも私の都合を通すより、
私たちが仲間であることの方が大切だと思えた。
その後長男がお皿を洗ってくれたときは、もう少し短い時間で洗えるようになっていた。


パターン2 私が終えた仕事を手伝いたがるとき
この場合は、彼のお手伝いを断る理由は実はない。
私が終わらせたところなのに・・・どうせなら明日やってよとか思ってしまうのだけど、
今彼がお手伝いをしようと思っているところに水をさしたら、
次にそのお手伝いをしようと思う日は、おそらくもう来ないだろう・・・。

長男が幼稚園に行っている間に、きれいに掃除機をかけた日
長男「ぼく、掃除機をかけます!」
私 「え!今日はね、お母さん家中きれーいに掃除機かけてん。
   だから今日はいいよ、ありがとう。また今度してくれる?」
長男「いやだ!ぼく掃除機かけてみたい!」
私 「んー・・・お母さんはこれからお昼寝をしたいから、見とかないよ。
   掃除機自分で出して、使って、元通りに片付けられる?」
長男「いいよ!自分で全部できますから!」
私 「掃除機の使い方、わかるの?」
長男「うん知ってるよ!スイッチ動かして、コンセント差すの。」
私 「あ、コンセント差してからスイッチつけてね。
   それから、掃除機かけるときはゆっくり動かしてね。
   走ったらがつんがつんぶつかって、壁とかいすが傷ついちゃうからね。」
長男「わかりました!ぼくがどかーんって走ったら、
   おうちもばこーんってなって大変だもんね!そおーっと引っ張るね!」
長男は押し入れから自分の背より高い掃除機を出し、楽しそうにかけ始めた。
私が昼寝に行って戻ってくると、掃除機は元通りに片付けられていた。

長男がお手伝いをしたいと思ってくれるのはとても嬉しいことだ。
家事という仕事をいいなと思ってくれているっていうことだし、
私や家族の役に立ちたいって思ってくれているっていうことだから。
しかし、実際に私の仕事を軽減させようと考えてお手伝いをさせたら、
たぶん彼の仕事ぶりを評価することになって、
彼はやる気を失ってしまうだろう。
お手伝いの成果、たとえばお皿や家がきれいになることを目的にしてはいけない。
彼がお手伝いを通じて何を学ぶか、ということを見ていたい。
次男のお手伝いについて考えると、納得できる。


1歳半の次男も、お手伝いが好きなのだ。
・小さなゴミを見つけるのがとても上手で、
 以前は拾ったゴミを私に渡してくれていたのだが
 最近は押し入れのドアを開けて、中にあるゴミ箱にゴミを入れて、またドアを閉める。
 (なぜゴミ箱が押し入れにあるかというと、次男が触らないようになんだけれど 笑)
・私が「洗面所のドア閉めてね〜」と長男に言うと、次男が閉める。
・おもちゃをおもちゃ箱にお片付けしてくれる。
・食事が終わると、机の上にあったティッシュで机をごしごしこすってくれる。
 汚れを広げているように見えるけれど、次男はきれいにしようというつもりだ。
・食事が終わると、机の上の食器をひとつずつ、頭の上まで持ち上げる。
 私が流しに持って行くようにと渡してくれるのだ。
 残っているお汁とかがこぼれそうでひやひやするけれど。。。
・取り入れた洗濯物を、「ベッドの上に置いてきてくれる?」とお願いすると、
 両手でかかえてベッドの上に置いて、また戻ってきて別の洗濯物を置きに行ってくれる。
・お外に行くよと言うと、「たあた!たあた!」と言ってくつしたを取ってくる。

1歳半の子も、ずいぶんと世の中のしくみがわかっているということに驚く。
実際に次男のお手伝いは、私の仕事を増やすことの方が多いのだけれど、
私は次男に対して、ちゃんとした仕事を求めてなんていないので、
成果がなくてもまったくめんどうだとは思わない。
次男のお手伝いを取り上げようとは思わない。
それならば、長男に対しても同じように、仕事の成果は別にして、
一緒に楽しく仕事をしながら暮らしていくというコミュニケーションとして
お手伝いをとらえることだってできるはずだ。


[PR]
# by Inahoadler | 2016-03-08 23:42 | Comments(2)