<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夜の女王とパセージ

9月から10月にかけて、念願のパセージを受講した。
新しい仲間の輪が広がり、学びが深まり、
有意義な時間を過ごすことができた。
ご協力くださったみなさまにとても感謝している。


私は今回パセージを受けて、章が進むごとにどんどん
子どものことがかわいくてたまらないと思うようになっていった。
子どもが不適切な行動をしているとき、
今までは本気でイラっとすることがあったのだけど、
だんだんと、ああこれはこの子によくあるパターンだなと、
冷静に見れるようになってきた。
そして、陰性感情が起きると課題シートに書くネタができるので、
むしろ不適切な行動はラッキーだとさえ思えた。
課題シートに書くのなら、どうせなら前回とは違う対処をしてみようって思えたので、
様々なバリエーションでパセージを実践する努力もできた。
陰性感情を持っていても、なんだかこちらに実験していく余裕があるので、
子どもの陰性感情もそれほど大きくならないことが増えた。


子どもの不適切な行動は、
子どもにとっても好ましくない事態である場合が多いから、
より適切な行動を共に話し合って見つけられたら、
それは子どもを援助することになるんだと感じた。
その話し合い方が、パセージの要で、
でも頭でわかるのと現場で実践できるかは別ものだ。
とにかく場数を踏むこと、下手くそでも果敢に実践することが何よりだと思う。

ひとつひとつのエピソードについて、
こちらが丁寧に自分の行動を点検しながら
子供の話を聴いて、話し合っていくことが日常になると、
毎日の様々な事がらひとつひとつが、本当に愛おしく思えてきた。
この子はどんな人なのかな、何を学んでくれるのかな、
いつもそう思って暮らしていると
私の景色でしかなかった生活が、
子どもにとっては違う景色であることにようやく気づいた。
そしてそれぞれの景色に同じ意味づけをする機会が増えると、
私たちは共に生きているのだと、いつも嬉しく実感できるようになった。



2歳になった次男は、歯磨きがあまり好きではない。
6歳になった長男が同じ歳だった頃ほどに激しく嫌いはしないけれど、
歯磨きは夜の一大イベントである。
長男が歯磨きをして見せると、
(協力的なおにいちゃんに感謝!)
次男はぼくもしようかなと思ってはくれるけど、
口を開けてはくれない。

ある夜、
私は次男の歯磨きをしながら
「口を開けてください〜あー
♪あーあああああああああー
あーあああああああああー♪」
と、夜の女王のアリア(オペラ「魔笛」byモーツァルト)を歌ってみた。
2歳頃の長男の歯磨きのときによく歌っていたのを思い出したので。
歌の好きな次男は大喜びした。
ちょっとだけ口を開けた瞬間に、素早く歯ブラシをつっこんでちょっとだけ磨けた。
同じく喜んだ長男が、ぼく夜の女王のオペラ見たい!と言った。
夜の女王のアリア一曲だけ(3分強)ならいいよと言って、
3人で動画を見ると、子どもたちはいたく気に入った様子。
1日のテレビの視聴時間は1時間以内、というルールを長男と決めているので、
長男は「明日はテレビ見ないから、明日もっと夜の女王の歌見せて!」
と言った。
ほんとに交渉上手。もちろんOKした。

次の日、3人で夜の女王のアリアの動画を何本も見た。
中でも、Diana Damrauという歌手の夜の女王が気に入ったそうだ。

このアリアはソプラノ歌手の、コロラトゥーラという超絶技巧の歌で、聞き応えがある。
夜の女王の宿敵であるザラストロを殺せと、
夜の女王が、実の娘のパミーナに命令する場面だ。
パミーナは嫌がるが、
「殺さないのならもうお前は私の娘ではない!
母娘の縁を永遠に切るぞ!言うことをきけ!」
と迫る超絶オニママの夜の女王。

舞台も素晴らしいし、夜の女王の衣装もすごくて面白い。
Damrauは歌もたいへん上手いけれど、美しい上に演技も迫力があって、怖くて、いかにもな悪役ぶり。
次男もコロラトゥーラの部分を♪あああああーと歌うほどに気に入り、
3人で楽しく鑑賞し終わったとき、長男が言った。
「…ぼくのお母さんが夜の女王じゃなくて良かった(^^)」

…ほんとにそうですね(笑)
ザラストロを倒したいのは? ー 夜の女王の課題。
自分の課題を子どもの課題に押し付けてはいけません。
パセージで繰り返し学んだことだ。
しかも、夜の女王は母娘の縁を切ると脅して、
娘の話を遮って1人で歌いまくって剣を押しつけて去っていくので、
まったくパセージの悪いお手本だ。
パミーナはお気の毒…。(多分そういう話じゃないけど 笑)


その後、長男に私の課題を押し付けたくなるときは、
私は夜の女王のアリアにのせて歌っている。
♪お風呂に入りなさーい!早くお風呂に入りなさーい!
さもないともうお前は私の子ではなーーい♪
長男、大爆笑。


ここのところ毎晩、
夜の女王のアリアの動画を3人で一回見てから歯磨きをしている。
変わった親子だと思うけど、
一緒に楽しくオペラ鑑賞ができて、
一緒に楽しく歯磨きができて、
私はとても嬉しい。
それに夜の女王のおかげで、毎日パセージのことを意識させられる。
夜の女王も、ありがとう。


[PR]
by Inahoadler | 2016-10-31 13:50 | Comments(4)