<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5歳児に相談

最近私は困ったことがあると、まず5歳の長男に相談することにしている。
なぜなら私の困りごとはたいてい、
ライフタスクに対してアドレリアンとして振る舞うにはどうすべきかということであって、
それはアドレリアンの先輩の意見を聞くのが一番参考になるからだ。


ある日
私 「あの、こうすけさん、相談したいことがあるんですが・・・」
長男「どうしたの?相談したいことってなあに?(^^)」
私 「お母さんが時々『お母さんの意見を言ってもいいですか?』って聞くことあるでしょ、
   こうすけはそういうときどう感じる?」
長男「んー・・・だいじなお話なのかなって思うから、聞こうって思うよ。」
私 「そうなんだ!お母さんのお話はだいじなお話だって思ってくれてるんだね。ありがとう。
   でも時々『言わなくていい』って言うこともあるけど、あのときはどう思ってるの?」
長男「あ、それは、いやなこと言われそうだから、言わなくていいって思うの。」
私 「そうなんだ(笑)いやなこと言われそうっていうのわかるんだね。
   ・・・それでも、お話聞いてほしいんだけどって言われたら、どうする?」
長男「そうだなあー・・・。だいじなお話だったら聞くよって言う。」
私 「わあ、なるほどね!だいじなお話はこうすけは聞きたいんだ?」
長男「うん。だいじなお話は聞いておいた方が役に立つからね。」
私 「そうかあ。役に立つから聞きたいんだ。こうすけはえらいねえ。
   教えてくれてありがとう。
   実はお母さんね、この前おばあちゃまから『私の意見を言ってもいいですか?』
   って言われて、私は『いいえけっこうです!』って断ったんだけど、
   また『私の意見を言ってもいいですか?』ってメールで言われたの。
   それで、なんてお返事したらいいかなあって困ってるんだけど・・・」
長男「そうなんだ。それはだいじなお話じゃないの?」
私 「・・・だいじなお話だと思う・・・(^^;;;)
   ・・・でもね、お母さんは、おばあちゃまと1対1なら、お話聞こうといつも思えるの。
   このメールはいろんな人が読んでいて、それで、いろんな人の前では聞きたくなくて、
   2人のときにそっと聞きたいんだよね〜」
長男「じゃあ・・・」
私 「そうだね、2人のときに聞かせてほしいですって言えばいいんだね!」
長男「うん、それがいいと思うよ。」
私 「ありがとう!助かった!
   これからも相談事があったらこうすけに聞くわ!」
長男「いいよ!」

長男、よきアドバイザーです。
というか、私より処世術に長けているという意味では大人です・・・。
相手に嫌な思いをさせる必要もないし、
自分の嫌なことをがまんする必要はなくて、自分の許容できる条件を提示する。
目標の一致のために必要な過程ですね。     



またある日
私 「こうすけさん、また相談したいことがあるんだけど、いい?」
長男「いいよ!どうしたの?」
私 「こうすけは、お友だちと『みんなでこれで遊ぼう!』って言ったときに、
   『それはやだ!そうじゃなくてこれで遊ぼう!』ってお友だちに言われたとしたら
   どうする?」
長男「ん〜・・・まずは、お友だちの言った遊びをするかなあ。」
私 「!そうなんだ!」
長男「それで、次の日に、またぼくの遊びたかった遊びをしたらいいから。」
私 「はあ〜なるほどね。
   ・・・でももし、次の日もこうすけのしたい遊びはいやだって言われたらどうする?」
長男「それなら、別の遊びをするかな。また次の日にぼくのしたい遊びをしたらいいし。」
私 「そうなんだ。こうすけはいいねえ・・・。
   でもそうしていたら、ず〜っとこうすけのしたい遊びができないかもしれないね?」
長男「・・・あ!そういうときは、Mちゃんと遊ぶ!
   あのね、Mちゃんはね、自分がしたいことがあっても、
   すぐにお友だちのしたい遊びを、いいよって言ってきりかえてくれるの。
   きりかえが素早いの。だからぼくはMちゃんと一緒に遊ぶよ(^^)」
私 「そうなんだ!Mちゃんっていいお友だちだね(^^)
   そっかあ、自分のしたい遊びで遊んでくれるお友だちを見つけたらいいんだね。」
長男「そうだよ〜」
私 「なるほどね〜。こうすけはお友だちと仲良く遊ぶ方法をよく知っているんだね。
   ・・・あ〜やりたいことだけやってちゃだめだね。やらなきゃいけないことをやらなきゃね。」
長男「そうだよ。やらなきゃいけないことをやらないとだめなんだよ。」
私 「・・・ですよね〜。ありがとうございます・・・。」



仕事やお母さんたち付き合いや自助グループなど、色々な場面で、
私は私のやりたいことややりたい方法が強固にあるんだけれど、
どれもが私の望み通りに運ぶわけはなく。
でも大事なことは、私がやりたいようにすることではなくて、
その仕事なりお付き合いなりグループ運営によって目標を達成できるかどうか、ですよね。
目標というのも様々だけれど、すべてに共通しているのは
その場に所属ができているか、その場に貢献できているか、
その場でよい人間関係が築けているか
ということなので、
長男が言うように、お友だちと仲良くするためにはまずお友だちの意見を聞いてみる
ということが必要なのだと思った。
お友だちと仲良くするために、長男は自分のやりたいことを抑えようって思えるんだってわかって、
私はたいへん驚いた。
そしてますます尊敬するようになった。

もはや人間関係においては、私の方が教わることが多いような気がする。
だって彼は、いつも協力的な構えで生きているから。
アドレリアンの先輩の意見は聞いてみるもんです。



[PR]
by Inahoadler | 2016-05-25 15:22 | Comments(2)

共に生きていく

幼稚園から母の日のプレゼントを持って帰ってきた長男。
今年はおかあさんの似顔絵と、メッセージと、紙で作ったカーネーションと、
おてつだい券と、その券を入れる袋とが一体となった壁掛けを作ってくれた。
年々絵も上手になって、手先も器用になっているのがわかる。
「おかあさんが喜ぶかなって思っていっしょうけんめい作ったんだよ」
と言ってくれる長男がかわいらしくてしかたがない。

嬉しいな〜どんな券があるのかな、と言って券を一枚一枚みていると、
「なんでもおてつだいけん」
私  おお、便利な券だね。ありがとう。
長男 これはね、先生が書いてくれたんだよ。
「かたもみけん」
私  へえ、ありがとう。・・・これも先生が書いてくれたの?
長男 ううん、これはKくんが書いてくれたの!
私  そうなんだ、Kくん字書くの上手なんだね〜
「あらいもけん」?
「おろりけん」?? なんだなんだ?
長男 あ、これは、「あらいものけん」と「おりょうりけん」だよ。
   Kくんちょっとむずかしかったんだね。でもわかるでしょ。
私  そうなんだ!ありがとう(^^)
   Kくんに書いてもらってよかったね〜
長男 うん!字書ける子は自分で書いてもいいよって言われて、
   ぼくは書けないからKくんに書いてもらったんだ。
   ・・・これっていいことだと思う?
私  すごくいいことだと思うよ。Kくんも喜んで書いてくれたんじゃない?
長男 うん、いっしょうけんめい書いてくれたんだ。ぼくもうれしかった。
私  よかったねえ。たすけあってるんだね!
長男 この券を入れる袋はね、Sちゃんに教えてもらったの。
   ぼくがお休みしてたときにみんな作ったから。
私  そうなんだ。よかったね。Sちゃんも喜んで教えてくれたんじゃない?
長男 そうだよ、こうだよ〜って教えてくれた!
私  いいねえ〜いいお友だちだね〜!


お友だちと助け合っている様子がよくわかって、とても嬉しかった。
長男は友だちを助けるのが好きなのは知っていたけれど、
こうやって手助けを求めることもちゃんとできるんだ。
もうこの子は1人でちゃんとやっていけるなあと思った。
最近特殊講義と演習「共同体感覚」とアドラー心理学秘訣講座を受講したからなのか、
なんだか私は長男に対して、漠然と不安に思う気持ちが消えてしまったようだ。


この券のおかげもあってか、ますますお手伝いにやる気を出した長男は、
毎晩の夜ご飯の準備をよく手伝ってくれる。
メニューを考えてくれたり、野菜の皮をむいてくれたり、味付けの仕上げをしてくれたり・・・。
それから、少し前からお風呂掃除をするよ!と言ってくれるようになった。
「ありがとう、でも今お母さん忙しいから見てられないんだけど、
 やり方ってわかるの?」と言うと、
「大丈夫です!お母さんがしてるの見てたからできるよ!」と言って、きれいに洗ってくれた。
それから毎日喜んで洗ってくれて、
こんなに私楽してていいのかしら〜と思っていたら、やはり事件は起きるものだ。


長男 じゃあぼくこれからお風呂洗ってきまーす!
私  ありがとう!
長男 あ、しゅんすけがやってきました!どうしよう?
私  ああ・・・まあ、しゅんすけの服ぬれちゃってもいいから、
   いいよ、しゅんすけがいても気にしないでお風呂掃除してくださ〜い。
長男 わかった〜

それから2人がきゃあきゃあ言う声が聞こえてきた。
2人とも服ぬれているだろうけど、まあいいや。
もう風邪ひくような季節じゃないしね、仲が良くてけっこうなこと、と思っていた。
すると「わあ!おかあさん!しゅんすけが服着たままシャンプーしてます!!」
という長男の報告が・・・。
私は思わず笑ってしまった。
そうか次男はお風呂に入ってるつもりだったんだな。
自分でシャンプーしてみたかったんだ。

「それはたいへんや〜」と言ってお風呂場にかけつけると、
服を着たままシャワーの下に立ってずぶぬれになって、
楽しそうに髪を泡立てて洗っている次男の姿が!
なんか、次男は当然のことですという顔をしているのですが。
私 「おおお・・・ちゃんと洗っている!でもしゅんすけ、洗うのは服脱いでからだよ〜」
長男「しゅんすけがシャワーも出しちゃったんだ。ぼくの服もぬれちゃったよ」
私 「そう、しかたがないね。後でぬれた服は脱いでね〜」
長男「でもしゅんすけ上手にシャンプーしてるね!」
私 「ほんとにねえ・・・笑」
私はそれから次男の服を脱がして、髪をきれいに流して、
そのまま体も洗って、次男を乾かした。
その間に長男はお風呂場をきれいにしてくれた。
そして長男は「心をこめてお風呂わかすね」と言って、お湯もはってくれた。


今までだったら、私はもっと焦っただろうなと思う。
・・・一体私に何が起きたんだろう。
子どもたちの起こす事件が、物語の一場面のように思える。
彼らは悪いことをしようなんて気はまったくなくて、
私と一緒に生活している今という時間を、楽しんで生きているんだと思える。
その結果いろいろなことが起きるわけであって、
私はそのいろいろに驚いたり困ったりするけれど、それも幸せだなあと思える。




[PR]
by Inahoadler | 2016-05-11 15:03 | Comments(2)